投稿日 投稿者 & カテゴリー 昆虫, .

20190224_2 20190224_3 20190224_4 20190224_5 20190224_6 20190224_7 20190224_8 20190224_9 20190224_10 20190224_11 20190224_12 20190224_13 20190224_14 20190224_15 20190224_16 20190224_17 20190224_18 20190224_19 20190224_20
20190224_1 20190224_21 20190224_22 20190224_23 20190224_24 20190224_25 20190224_26 20190224_27 20190224_28 20190224_29 20190224_30

相変わらず忙しい年度末だが、合間合間に撮影を行い息抜き。これといったものは無かったが良い気晴らしができた。

投稿日 投稿者 & カテゴリー その他の小動物, 昆虫, .

20190107_1 20190107_2
20190107_3 20190107_4 20190107_19 20190107_5 20190107_6 20190107_7 20190107_8 20190107_9 20190107_10 20190107_11 20190107_12 20190107_13 20190107_14 20190107_15 20190107_16 20190107_17 20190107_18 20190107_20 20190107_21 20190107_22 20190107_29
20190107_23 20190107_24 20190107_25 20190107_26 20190107_27 20190107_28

実家に帰ってからは毎日鳥探し。おかげで、ナベコウを初め、オオカラモズやツル、諸々の猛禽類を撮影することが出来た(いくつかの種類は証拠写真レベルだが・・・)。
また、天気が良い日は虫探しも行った。天気も良く、気温が高いとやはり結構な種類のチョウを観察することが出来る。越冬はしないはずのベニシジミやウラナミシジミは相変わらず元気。そんな中、驚いたのがタイリクアカネがまだ生き残っていたこと。以前からアキアカネが年越しをしたと言う話を聞いていたが、本当に生き残っているとは・・・。

投稿日 投稿者 & カテゴリー 昆虫, .

20181231_1 20181231_2 20181231_3 20181231_4 20181231_5 20181231_6 20181231_7 20181231_8 20181231_9 20181231_10 20181231_11 20181231_12 20181231_13 20181231_14 20181231_15 20181231_16

実家に帰省。とりあえず目に付いた鳥は片っ端から撮影。なぜか結構いたゴイサギやハイイロチュウヒのオスをしっかりと撮影できたのは嬉しかった。
また一応昆虫も探したが、トンボは掠りもせず。チョウはウラナミシジミとモンキチョウは見ることが出来たが、残念ながら他は見かけず。

投稿日 投稿者 & カテゴリー 大型動物, 植物, .

20181104_1
20181104_9
20181104_10
20181104_11
20181104_12
20181104_13
20181104_14
20181104_15
20181104_2
20181104_8
20181104_3
20181104_4
20181104_5
20181104_6
20181104_7
20181104_23
20181104_16
20181104_17
20181104_18
20181104_19
20181104_20
20181104_21
20181104_22

今回も実家で虫探し。迷蝶、迷トンボ探しだが、ここの所の冷気のせいか、蝶は優れず。その代わり、今年もマーキングされたアサギマダラを見ることが出来た。マーキングされたものは3頭確認。いずれも11月1日にマーキングされたようだ。
トンボに関しては今回もスナアカネはオスメス共に見ることが出来たのと、ようやくタイリクアカネを確認出来たが、それ以外は大きな成果は得られず。
今回は地味に野鳥が充実しており、ハイタカ、たぶんゴイサギと証拠写真だが、初めてハイイロチュウヒのオスを見ることが出来たのは嬉しかった。後はタヌキと撮影は出来なかったが、地元に帰り、夜の山道を走っていたら、アライグマと出くわした。地元の山奥にまで分布を広げていたのはなかなか衝撃的だった。