今月は結構回った

20221030_1 20221030_2 20221030_3 20221030_4 20221030_5 20221030_6 20221030_7 20221030_8 20221030_9 20221030_10
20221030_11 20221030_12 20221030_13 20221030_14 20221030_15 20221030_16 20221030_17 20221030_18 20221030_19 20221030_20 20221030_21
20221030_22 20221030_23 20221030_24 20221030_25 20221030_26 20221030_27 20221030_28

今月は意外とあちこちに出かけた。迷蝶探し、野鳥探し、トンボ探し、そして久しぶりに九州を飛び出し蝶探し。
迷蝶はあまりぱっとせず。野鳥もめぼしいのはいなかった。トンボ探しは迷トンボは駄目だったが、オオキトンボの産卵シーンを見ることができたのはうれしかった。
また、蝶探しで久々に九州を出てルーミスシジミを探したが、どれも高いところを飛んでばかりで接近戦ができなかった。

ワンツと迷蝶探し

20220925_1 20220925_2 20220925_3 20220925_4 20220925_5 20220925_6 20220925_7 20220925_8 20220925_9 20220925_10 20220925_11 20220925_12 20220925_13 20220925_14 20220925_15 20220925_16
20220925_17 20220925_18 20220925_19 20220925_20 20220925_21 20220925_22 20220925_23 20220925_24 20220925_25
20220925_26 20220925_27 20220925_28 20220925_29 20220925_30 20220925_31 20220925_32 20220925_33

今月も例年通りでワンツと迷蝶探し。

ワンツは先月も撮影したが、その際は初期も初期の時期だったため、オスしかおらず、だったが、今回はメスもいたし、交尾も2組確認できた。

迷蝶に関しては、ムラサキ兄弟はいなかったが、カバマダラと久しぶりのアオタテハモドキがいた。トンボも探してみたが、こちらは不発。

今月は例年通りの動き

20220828_1 20220828_2 20220828_14 20220828_3 20220828_4 20220828_5 20220828_6 20220828_7 20220828_8 20220828_9 20220828_10 20220828_11 20220828_12 20220828_13
20220828_15 20220828_16 20220828_17 20220828_18 20220828_19 20220828_20 20220828_21 20220828_22 20220828_23 20220828_24 20220828_25

今月は例年通りの場所を回っただけとなった。ゼフィルスも終了し、見ることができる蝶も減って行き、迷蝶に頼る時期になった。

ゴマシジミはご開帳は拝めなかったがかつては絶望的だった場所でも見られそれなにに堪能でき、タイワンツバメシジミは出始め。迷蝶はアマミウラナミシジミとリュウキュウムラサキとクロマダラソテツシジミ。いずれもすっかりとおなじみのメンツになった。

今月は地元がメイン

20220731_1 20220731_2 20220731_3 20220731_4 20220731_5 20220731_6 20220731_7 20220731_8 20220731_33
20220731_9 20220731_10 20220731_11 20220731_27
20220731_12 20220731_13 20220731_14 20220731_15 20220731_16 20220731_19 20220731_17 20220731_18 20220731_20 20220731_21 20220731_22 20220731_23 20220731_24 20220731_25 20220731_26 20220731_28 20220731_29 20220731_30 20220731_31 20220731_32 20220731_34

今月は地元中心。今年はようやく出だしのキリシマミドリシジミのご開帳を野外で撮影することができた。
去年は野生のものとはいえ、車に連れ込んでの撮影だったので絵としては面白かったが、やはり外での撮影のほうがほっとする。
後半戦は例年と比べ数が少なく苦戦したが、本日やっと目線の下に止まって開いてくれた。

こちらも地元のアオバズクだが、今年もしっかりと雛たちの巣立ちを確認することができた。去年までは手持ちで踏ん張っていたが、さすがに三脚を使用。持ち出したのは何年ぶりだろうか・・・。

後は何度かお出かけも。とはいえ、例年通りの場所通いで、いつもの面々とご挨拶をしたくらい。