投稿日 投稿者 & カテゴリー 旧ブログ.


2007-01-25

魚露目8号を使っていて気付いたのだが、被写体にかなり近づくと背景がボケるようだ。離れると虫の眼レンズの用な描写になる。よく考えると当たり前の話のような気がしてきた。普通のカメラでも接写をすれば背景はボケるし、被写体から離れれば全体的に写るのは自然だ。それが小さな世界で起こっているだけ、なのだろうか。相性は微妙、と思っていたが以外に良いのかもしれない。虫の眼レンズの世界だけでなく超マクロで撮影出来る魚露目8号はかなり高性能な魚眼レンズだ。

コメントの受付は終了しました.