投稿日 投稿者 & カテゴリー 昆虫.

20130702_1.jpg
20130702_2.jpg
20130702_3.jpg
20130702_4.jpg
20130702_5.jpg
20130702_7.jpg
20130702_8.jpg
20130702_9.jpg
20130702_10.jpg
20130702_11.jpg
20130702_12.jpg
20130702_13.jpg
20130702_15.jpg
20130702_16.jpg
20130702_17.jpg
20130702_18.jpg
20130702_19.jpg
20130702_20.jpg

昨日は有給をとり久しぶりに佐賀県民のへっぽこ昆虫記のalchemy-idealさんと一緒に九州を飛び出してきた。目的はゼフィルスを中心に九州では見られないチョウの撮影。前日の0時から22時まで移動を含めずっと外にいたことになる。さすがに疲れた。が、ウスイロオナガシジミと始めカシワアカシジミ、クロミドリシジミ、ウラナミアカシジミと九州で探すのが困難、または生息していないチョウをたくさん拝むことができた。そんな中にアサマイチモンジ、ヒメシジミなど、3年ぶりに再会したチョウも。そして特に嬉しかったのが今年撮ろうと考えていたメスアカミドリシジミ。結構な数がいて、なんとか雌の開張写真を撮ることができた。

特にヒメシジミがいた場所は非常に面白そうで機会があったらまた行きたいが、今年は厳しいかも。

コメントの受付は終了しました.