久しぶりの北海道

20220528_1
20220528_2 20220528_5 20220528_3 20220528_4 20220528_6 20220528_7 20220528_8 20220528_9 20220528_10 20220528_11 20220528_12 20220528_13 20220528_14
20220528_15 20220528_16 20220528_17 20220528_18 20220528_19 20220528_20 20220528_21 20220528_22 20220528_23 20220528_24 20220528_25 20220528_26 20220528_27 20220528_28 20220528_29 20220528_30 20220528_31

久々に飛行機に乗って北海道へ。本当は今年は諦めていたが、ちょっとしたきっかけで行くことに。

行く前は天気予報は微妙だったが、アポイ岳登山や最終日など、ピンポイントで良い天気となり結果的には今年の運を使い果たしたかのような成果となった。

初日は移動日。近場のポイントで初のアカマダラを撮影。エゾヒメシロも探していたのだが、撮影できたのは普通のヒメシロ。北海道ではこちらが珍しいが、複雑な心境。

2日目はアポイ岳登山。久しぶりの登山で案の定バテバテ。しかし、天気に恵まれ、お目当てのヒメチャマダラセセリを堪能できた。

3日目は午前中はジョウザンシジミ。天気が曇りなせいか、よく羽を開いてくれ良い被写体となってくれた。午後からはチャマダラセセリ狙いだったが、こちらは残念ながら不発。

4日目である最終日はミヤマカラスアゲハ狙い。曇りがちであったためでもあるが、最初に訪れた場所は結果がいまいち。前日行った場所に向かう途中、天気が回復。そのおかげか、ミヤマカラスアゲハがたくさん飛び出し、撮影も容易に。さらに今回諦めていたチャマダラセセリが出てきてくれた。

宿の周りは野鳥が多い場所でもあり、早朝や、曇天時は野鳥探しをしたおかげで野鳥以外も含め色々と撮影できた。さらに、奇跡的にインスタ仲間が同じ宿に集いどんちゃん騒ぎもあり、非常に楽しい北海道遠征となった。

GW

20220515_1 20220515_2 20220515_3 20220515_4 20220515_5 20220515_6 20220515_7 20220515_8 20220515_9 20220515_10 20220515_11 20220515_12 20220515_13 20220515_14 20220515_15 20220515_16 20220515_17
20220515_18 20220515_19 20220515_20 20220515_21 20220515_22 20220515_23 20220515_24 20220515_25 20220515_26
20220515_27 20220515_28 20220515_29 20220515_30 20220515_31 20220515_32 20220515_33

GW前半は久しぶりにオオルリシジミを見に。いつもなら最盛期で数には困らない時期なのだが、えらく少なかった。ものすごく遅れているわけではなく、単純に数が少なかったようだ。来年が非常に心配に。

GW中盤は実家に。いつものミカドアゲハだが、いつもの場所では撮影に失敗し、別の場所でなんとか撮影。

GW終盤は特に出かけず、近場で。早くもハッチョウトンボが出ていた。本日も探してみたら結構な数が出ていた。今年が特別早いのか、それとも見落としなのか・・・。

九州で蝶探し

20200726_1

20200726_2 20200726_3 20200726_4 20200726_5 20200726_6 20200726_7 20200726_11 20200726_12 20200726_13 20200726_14 20200726_15 20200726_16 20200726_17
20200726_8 20200726_9 20200726_10 20200726_18 20200726_19 20200726_20 20200726_21 20200726_22 20200726_23
20200726_24 20200726_25 20200726_26 20200726_27 20200726_28 20200726_29 20200726_30

今月は大きな遠征はせず、九州で蝶探し。前半はゼフィルス探しで後半はちょっと早いが迷蝶探し。キリシマミドリシジミだけは行けるタイミングがあればひたすら探していたが、良い写真は撮れず。
ゼフィルス探しはぼちぼち。いつもの場所のハヤシミドリシジミが復活したのが嬉しい。
最後の週は帰郷のついでに迷蝶探し。さすがに紫兄弟は居なかったが、いつものクマソとここでは初めてとなるアマミウラナミシジミを見ることができた。

九州でチョウ探し

20190715_1
20190715_2
20190715_3
20190715_4
20190715_5
20190715_6
20190715_7
20190715_8
20190715_9
20190715_10
20190715_11
20190715_12
20190715_13
20190715_14
20190715_15
20190715_16
20190715_17
20190715_18
20190715_19
20190715_20
20190715_21
20190715_22
20190715_23

北海道から帰ってからは地元だったり、九州の真ん中だったりでチョウ探し。地元ではキリシマミドリシジミやオオウラギンヒョウモン、九州の真ん中では未見のチョウであるミヤマカラスシジミを。ついでに新しく導入したレンズ達の実験も。新しく導入したレンズは先月発売されたばかりの2倍テレコンとMZD 17mm f1.2。

キリシマミドリシジミは居るには居たが、去年のような幸運は無く、残念ながら証拠写真レベルのものばかり。2倍テレコンが役には立つのだが、出来れば接近戦をしたい・・・。
オオウラギンヒョウモンはキリシマミドリシジミと違い、接近は容易だったので、17mmの実験台に。もっともメスは敏感でフラれてしまった。

ミヤマカラスシジミは先週(先々週?)から探していたが、今日ようやく発見。見つかるときはあっさり見つかるものだ・・・。
それ以外では手当たり次第ゼフィルス探し。時期が時期だけにボロだらけ。