GW

20220515_1 20220515_2 20220515_3 20220515_4 20220515_5 20220515_6 20220515_7 20220515_8 20220515_9 20220515_10 20220515_11 20220515_12 20220515_13 20220515_14 20220515_15 20220515_16 20220515_17
20220515_18 20220515_19 20220515_20 20220515_21 20220515_22 20220515_23 20220515_24 20220515_25 20220515_26
20220515_27 20220515_28 20220515_29 20220515_30 20220515_31 20220515_32 20220515_33

GW前半は久しぶりにオオルリシジミを見に。いつもなら最盛期で数には困らない時期なのだが、えらく少なかった。ものすごく遅れているわけではなく、単純に数が少なかったようだ。来年が非常に心配に。

GW中盤は実家に。いつものミカドアゲハだが、いつもの場所では撮影に失敗し、別の場所でなんとか撮影。

GW終盤は特に出かけず、近場で。早くもハッチョウトンボが出ていた。本日も探してみたら結構な数が出ていた。今年が特別早いのか、それとも見落としなのか・・・。

今月は遠征した

20210429_1 20210429_2 20210429_3 20210429_4 20210429_5 20210429_6 20210429_7 20210429_8 20210429_9 20210429_10 20210429_11 20210429_12 20210429_13 20210429_14 20210429_15
20210429_16 20210429_17 20210429_18 20210429_19 20210429_20 20210429_21 20210429_22

今月はギフチョウ狙いでしっかりと遠征。久しぶりの往復1000km越えはちょっとしんどかった。
が、のんびりとギフチョウを追いかけることが出来たし、産卵のシーンを見ることが出来たのは良かった。

それ以外は基本は県外は出ず。たくさんのサツマシジミと戯れたり、いつものポイントをのんびりと回った。

ティティの台湾遠征記 番外編

20160928_1
20160928_2
20160928_3
20160928_4
20160928_5
20160928_6
20160928_7
20160928_8
20160928_9
20160928_10
20160928_11
20160928_12
20160928_13
20160928_14
20160928_15
20160928_16
20160928_17
20160928_18
20160928_19
20160928_20
20160928_21
20160928_22
20160928_23
20160928_24

基本はチョウが中心ではあったが、目に付いた昆虫や動物も撮影していた。また、今回の旅のためにM.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PROを入手。最初はチョウが飛んでいるところを狙おうと目論んだが、狙えず。代わりに通常の撮影で多用してみた。が、適当にとっても良い写真にはならないのでなかなか難しいが出る絵は面白い。是が非でも使いこなせるようにしたい。

ヤモリ

やもり
真夏は毎日見る事ができたヤモリ。もう見かけられないな、と思った矢先に出現。最初はでかい蛾が飛んできたかと思い、意気揚々とデジカメを構えて外に。が、蛾はおらずそこにいたのはかわいらしいヤモリだった。最初はフラッシュを普段は使えないようにしていたため失敗。今度はフラッシュを焚いて撮影。ヤモリは当然驚いて隙間に逃げてしまった。撮れた写真は真っ暗の中ピントが合わず思いっきりぼける。普段は3Mで撮影しているため写ったヤモリも割と大きく写っていた。そこで無理矢理修正したのがこの写真。かろうじてヤモリとわかる程度だ。さすがに夜はつらい。室内もつらい。