九州でチョウ探し

20190715_1
20190715_2
20190715_3
20190715_4
20190715_5
20190715_6
20190715_7
20190715_8
20190715_9
20190715_10
20190715_11
20190715_12
20190715_13
20190715_14
20190715_15
20190715_16
20190715_17
20190715_18
20190715_19
20190715_20
20190715_21
20190715_22
20190715_23

北海道から帰ってからは地元だったり、九州の真ん中だったりでチョウ探し。地元ではキリシマミドリシジミやオオウラギンヒョウモン、九州の真ん中では未見のチョウであるミヤマカラスシジミを。ついでに新しく導入したレンズ達の実験も。新しく導入したレンズは先月発売されたばかりの2倍テレコンとMZD 17mm f1.2。

キリシマミドリシジミは居るには居たが、去年のような幸運は無く、残念ながら証拠写真レベルのものばかり。2倍テレコンが役には立つのだが、出来れば接近戦をしたい・・・。
オオウラギンヒョウモンはキリシマミドリシジミと違い、接近は容易だったので、17mmの実験台に。もっともメスは敏感でフラれてしまった。

ミヤマカラスシジミは先週(先々週?)から探していたが、今日ようやく発見。見つかるときはあっさり見つかるものだ・・・。
それ以外では手当たり次第ゼフィルス探し。時期が時期だけにボロだらけ。

北海道遠征

20190702_1
20190702_26
20190702_27
20190702_28
20190702_29
20190702_2
20190702_3
20190702_4
20190702_5
20190702_6
20190702_7
20190702_8
20190702_9
20190702_10
20190702_11
20190702_12
20190702_13
20190702_14
20190702_15
20190702_16
20190702_17
20190702_18
20190702_19
20190702_20
20190702_21
20190702_22
20190702_23
20190702_24
20190702_25

久しぶりに北海道への遠征。目標は高山蝶だったが、大雪山は天気が優れないため、五目撮りに。それが功を奏し、様々なチョウを撮影することが出来た。
今年の北海道はかなり季節が進んでいるようで、例年なら見ることが出来ないゼフ達を拝むことが出来たり、特産種も色々と見ることが出来た。が、まだまだ未見の種類のチョウは居るわけで当分は北海道に赴かなければ・・・。

実家で虫探し ファイナル

20181104_1
20181104_9
20181104_10
20181104_11
20181104_12
20181104_13
20181104_14
20181104_15
20181104_2
20181104_8
20181104_3
20181104_4
20181104_5
20181104_6
20181104_7
20181104_23
20181104_16
20181104_17
20181104_18
20181104_19
20181104_20
20181104_21
20181104_22

今回も実家で虫探し。迷蝶、迷トンボ探しだが、ここの所の冷気のせいか、蝶は優れず。その代わり、今年もマーキングされたアサギマダラを見ることが出来た。マーキングされたものは3頭確認。いずれも11月1日にマーキングされたようだ。
トンボに関しては今回もスナアカネはオスメス共に見ることが出来たのと、ようやくタイリクアカネを確認出来たが、それ以外は大きな成果は得られず。
今回は地味に野鳥が充実しており、ハイタカ、たぶんゴイサギと証拠写真だが、初めてハイイロチュウヒのオスを見ることが出来たのは嬉しかった。後はタヌキと撮影は出来なかったが、地元に帰り、夜の山道を走っていたら、アライグマと出くわした。地元の山奥にまで分布を広げていたのはなかなか衝撃的だった。

中国地方で蝶三昧

20170612_1
20170612_2
20170612_3
20170612_4
20170612_5
20170612_6
20170612_7
20170612_8
20170612_9
20170612_10
20170612_11
20170612_12
20170612_13
20170612_14
20170612_15
20170612_16
20170612_17
20170612_18
20170612_19
20170612_20

先週は恒例になりつつある、中国地方遠征。目的はもちろんゼフィルス。ただ、今回はそれにプラスしてキマダラルリツバメ。幸いにして知り合いの方の尽力により、無事に撮影することが出来た。特にキマダラルリツバメのメスは虎型と言い、珍しい型なのだそう。あとは、ヒロオビを初めとしたいつものメンツに加え、ナミミドリもチャレンジ。オスの開張も撮れたが、やはり理想的な色を出すことが出来なかった。まだまだ精進する必要があるようだ。

対馬遠征+α

先週は対馬へ。目的は海辺のウラジロミドリシジミ。アカシジミやミズイロオナガシジミ、ウラゴマダラシジミを見損ねてしまったため、今年初のゼフィルスとなった。数は多いものの、なかなか思うような構図で撮れず、上記の写真で精一杯。また、天気があまりにも良すぎたためか、羽もあまり開いてくれなかった。が、これは些細な問題でウラジロ三昧な状態が結構続き非常に楽しかった。
また、対馬の白いゴマダチョウもたくさん遊ぶことが出来たし、クロツも結構な数を見ることが出来た。後はチョウを目的とした遠征だったが、たまたま川辺の湿地でタイワンシオヤトンボを見かけた。
後は飼育下のヤマネコを見たりで北南を横断する形になったため、1泊2日は非常に短いと感じた。

20170605_16
20170605_17
20170605_18
20170605_19
20170605_20
20170605_21

週末を挟む形で代休を取り、地元やちょっとした遠征を行ったが、またしても目的のチョウを撮影出来ず。今回は姿を見かけただけでも一歩前進か。あとは地元で結構見かけたハラグロオオテントウが印象的だった。