奄美大島遠征

20190915_1
20190915_2
20190915_3
20190915_4
20190915_5
20190915_6
20190915_7
20190915_8
20190915_9
20190915_10
20190915_11
20190915_12
20190915_13
20190915_14
20190915_15
20190915_16
20190915_17
20190915_18
20190915_19
20190915_20
20190915_21
20190915_22
20190915_23
20190915_24
20190915_25
20190915_26
20190915_27
20190915_28
20190915_29
20190915_30

今日は休養日。先週の木曜日から昨日までは奄美大島に遠征。目標はとりあえず奄美大島特産の昆虫を撮影すること。
初日はトンボ探しで南部まで来たが時期が遅いのか特産種は見つからず。過去の情報では9月もいるようだが、やはり6、7月が良いようだ。
ただ、場所的には気に入ったのでほぼ毎日午前中はトンボ探しをしたせいで大きくない島なのに500kmくらい走っていた・・・。
翌日は午前中はトンボを探しつつ、チョウ探し。トンボはようやくアマミルリモンイトトンボを発見。チョウに関してはフタオチョウとアカボシゴマダラ両方とも撮影できた。
あとは一応アマミカラスアゲハも。こちらは探すまでも無くあちこちにいたが・・・。
3日目は午前中はトンボ探し、午後は天気があまり良くなかったので南部のポイント探し。一応アマミハンミョウやズアカアオバトを撮影出来たのはかなり嬉しかった。
夜はせっかくなのでアマミクロウサギを見たかったのでナイトツアーに参加。アマミクロウサギはもちろん、沖縄本島以来となるケナガネズミやこちらも見たかったアマミイシカワガエル、昼間に何度も見かけたが撮影出来なかったルリカケスがいたりと中々良かった。ガイドさんのもつ照明がやたら強かったので撮影も問題なかった。
最終日である昨日は特に目的もなく、一応調べたポイント周り。ここでようやく同業者と出会い楽しい時間を過ごすことができた。

改めて振り返ると昆虫以外の動物でもかなり特産種を見ることが出来てかなり充実した遠征となった。が、トンボに関してはまだまだ見たいものが多いのでいずれリベンジをしたいものだ・・・。

地元でチョウ探し

20190804_2
20190804_3
20190804_4
20190804_5
20190804_6
20190804_7
20190804_8
20190804_9
20190804_10
20190804_11
20190804_13
20190804_14
20190804_15

今回は特に遠征もせず、地元でチョウというか、キリシマミドリシジミ探し。いつも行く場所とは別の場所でひたすら待ってみた。いるにはいるが、撮影出来るかと言えば話はべつである・・・。

今回も去年と同じような場所でカワセミを撮影することが出来た。しかも2倍テレコンを付けていたので、ほぼノートリミングで上の写真くらいの大きさに撮影出来た。

九州でチョウ探し

20190715_1
20190715_2
20190715_3
20190715_4
20190715_5
20190715_6
20190715_7
20190715_8
20190715_9
20190715_10
20190715_11
20190715_12
20190715_13
20190715_14
20190715_15
20190715_16
20190715_17
20190715_18
20190715_19
20190715_20
20190715_21
20190715_22
20190715_23

北海道から帰ってからは地元だったり、九州の真ん中だったりでチョウ探し。地元ではキリシマミドリシジミやオオウラギンヒョウモン、九州の真ん中では未見のチョウであるミヤマカラスシジミを。ついでに新しく導入したレンズ達の実験も。新しく導入したレンズは先月発売されたばかりの2倍テレコンとMZD 17mm f1.2。

キリシマミドリシジミは居るには居たが、去年のような幸運は無く、残念ながら証拠写真レベルのものばかり。2倍テレコンが役には立つのだが、出来れば接近戦をしたい・・・。
オオウラギンヒョウモンはキリシマミドリシジミと違い、接近は容易だったので、17mmの実験台に。もっともメスは敏感でフラれてしまった。

ミヤマカラスシジミは先週(先々週?)から探していたが、今日ようやく発見。見つかるときはあっさり見つかるものだ・・・。
それ以外では手当たり次第ゼフィルス探し。時期が時期だけにボロだらけ。

九州でチョウ探し

20190624_1
20190624_2
20190624_3
20190624_4
20190624_5
20190624_6
20190624_7
20190624_8
20190624_9
20190624_10
20190624_11
20190624_12
20190624_13
20190624_14
20190624_14
20190624_15
20190624_16
20190624_17
20190624_18

先週、先々週は九州で未見のチョウ探し。残念ながら撮影することが出来なかったが、ウラジロミドリシジミ、ハヤシミドリシジミを初めとして様々なゼフと遊ぶことが出来た。
また、今年も近所にアオバズクが戻ってきた。今年は巣立ちの雛も見てみたいが・・・。

中国地方でチョウ探し

20190603_1
20190603_2
20190603_3
20190603_4
20190603_5
20190603_6
20190603_7
20190603_8
20190603_9
20190603_10
20190603_11
20190603_12
20190603_13
20190603_14
20190603_15
20190603_16
20190603_18
20190603_19
20190603_20
20190603_21
20190603_22
20190603_23
20190603_24
20190603_25
20190603_17
20190603_26
20190603_27
20190603_28

今回も例年通り中国地方へ。しかし、残念ながら目標のチョウは撮影出来ず。今年は去年と比べると圧倒的に季節の進行が遅く、ゼフィルスも撮影出来ないかと、そわそわしたが、辛うじてヒロオビミドリシジミを撮影することが出来た。また、サブの目標である、ニシキキンカメムシを撮影出来たのは嬉しかった。

振休で月曜日も休みにし、九州でトンボ探しを。ギリギリのタイミングではあるが、ベッコウトンボ、そして無数のアオヤンマが印象的だった。さらに地元に戻り、グンバイトンボを。

ブログには載せていなかったが、5月も一応撮影に出かけておりまとめて公開。