今月は例年通り

20211031_1 20211031_2 20211031_3 20211031_4 20211031_5 20211031_6 20211031_7 20211031_8 20211031_9 20211031_10 20211031_11 20211031_12 20211031_13 20211031_14 20211031_15 20211031_16
20211031_17 20211031_18 20211031_19 20211031_20 20211031_21 20211031_22 20211031_23 20211031_24 20211031_25 20211031_26
20211031_27 20211031_28

今月は例年通りに迷トンボ、迷蝶探し。しかし、迷トンボは残念ながら見つからず。オオキトンボは今年も見ることが出来た。

迷蝶は基本的には恒例となった、リュウキュウムラサキ、カバマダラ(今年は割とあちこちで見かけた)、アマミウラナミシジミ、ルリウラナミシジミ、上には載せてないが、クロマダラソテツシジミ。リュウキュウムラサキは久しぶりにメスを見ることが出来た。

野鳥探しもしたが、こちらは特に成果なし。来月からが本番か。

今月は連休だけお出かけ

20210926_1 20210926_2 20210926_3 20210926_4 20210926_5 20210926_6 20210926_7 20210926_8 20210926_9 20210926_10 20210926_11 20210926_12 20210926_13 20210926_14
20210926_15 20210926_16 20210926_17 20210926_18 20210926_19

今月は出かける気力も無く、連休で地元と実家を回ったのみ。

迷蝶はカバマダラ、ルリウラナミシジミ、なぜか苦労したリュウキュウムラサキと近年は毎年見ているアマミウラナミシジミを見ることが出来た。

トンボはぱっとせず。コフキヒメイトトンボとすっかりとお馴染みとなった、ベニトンボ、アオビタイトンボくらい。トンボはまだまだこれから。来月からはちょっとは頑張りたい。

今月も九州内で

20210830_1 20210830_2 20210830_3 20210830_4 20210830_5 20210830_6 20210830_7 20210830_8 20210830_9 20210830_10
20210830_11 20210830_12 20210830_13 20210830_14 20210830_15 20210830_16
20210830_17 20210830_18 20210830_19

今月は特に大きな遠征はなし。盆休みも例年にないくらいの大雨で実家に戻ってもやることなし。帰りはあちこちで冠水で帰るのに難儀した。

ゴマシジミは居るには居たが、撮れたのは上の写真のみ。採集者がやたら居たので早々に離脱。オオムラサキとは縁があり、二度メスに絡むオスを撮影できた(いずれも成就ならず)。

後は迷蝶探し。が、成果はなし。アカギカメムシは今年も元気に北海道まで行ったようだ。タイワンツバメシジミはボチボチ。今年も居てくれて良かった。

今月は動き回った

20210731_1 20210731_2 20210731_3 20210731_4 20210731_5 20210731_6 20210731_7 20210731_17 20210731_18
20210731_14 20210731_8 20210731_9 20210731_10 20210731_11 20210731_12 20210731_13 20210731_15 20210731_16 20210731_19 20210731_20 20210731_21 20210731_22 20210731_23 20210731_24 20210731_25 20210731_26 20210731_27 20210731_28
20210731_29 20210731_30 20210731_31 20210731_32 20210731_33 20210731_34 20210731_35 20210731_36 20210731_37 20210731_38 20210731_39

今月は2度九州を脱出。1度目は中国地方へ。メインは2種のヒメとゼフ。こちらはいつも通りだが、2度目は初の四国で、ツマジロウラジャノメを。特にツマジロウラジャノメは未見の蝶でぜひ見たかったのだが、いろいろな条件が重なりかなり堪能できた。

九州内では2度ゴイツへ。1度目はフラれ、2度目は辛うじてメスが、と散々な結果に。しかし、オナガシジミやボロだったがオオムラサキが撮影出来たのは嬉しかった。後は、こちらも恒例になりつつあるが、一度実家に戻り、迷蝶探し。今年もアマミウラナミシジミを見ることが出来た。

後は地元民の特権でキリシマミドリシジミ。特に初旬で首尾良く出たてのオスメスを開帳と含め堪能できた。下旬も元気な姿を観察。テレコン込みだが、良いテリハリポイントを見つけることができた(来年はどうなるかはわからないが・・・)。

これまた、地元特権でアオバズクも。毎年毎年巣立ちの雛を逃していたので、出社前や退勤後にずっと観察し、ようやく巣立ちの瞬間等を拝むことができた。

今月も九州内で蝶探し

20210627_1 20210627_2 20210627_3 20210627_4 20210627_5 20210627_6 20210627_7 20210627_8 20210627_9 20210627_10 20210627_11 20210627_12 20210627_23 20210627_13 20210627_14 20210627_15 20210627_16
20210627_18 20210627_19 20210627_20 20210627_17 20210627_21 20210627_22
20210627_29 20210627_24 20210627_26 20210627_25 20210627_27 20210627_28

今月は九州から出ず。例の件もあるが、例の件の影響で高速道路の祝日割が使えないのが痛すぎるので、地道に下道のみで移動できる島内のみに限定(と言いながら短距離で町を回避する際に高速に乗っていたり・・・)。

ヒサマツはフラれたが、久しぶりにメスアカとたくさん遊べたり、他のゼフも堪能できた。また、ダメ元でナミミドリの様子を見に行ってみたら、案外結構発生しており、時折卍飛行をしていた。

また、今年もアオバズクが無事にやってきており、いつもはおねむな状態しか見ていなかったため、試しに日が落ちる時間に来てみたら、想像よりもだいぶアグレッシブな姿を見ることが出来た(その姿の撮影はほぼ無理だが・・・)。