DCR-250をF410で使ってみた

今日は天気は良かったが気温が上がらずあまり昆虫が見つからなかった。夏が待ち遠しい。

それはさておきFinePix F410でもDCR-250が使えるか試した。といっても形が形なので、当然装着はできない。そこで左手はアダプターリングを装着したDCR-250とカメラを一緒にもって撮影。結果は以下の通り。


マクロモード

これがマクロモードで撮影した写真。


DCR-250

これがDCR-250を使って撮影した写真。それなりに大きく写る。

結果は当然かもしれないけど、それなりに効果があるようだ。といってもコンパクトさ意外は全然Z3に劣るF410は引退かな。さすがにコンバージョンレンズを一緒に持つと手が疲れる...。

さっ、寒っ

3月に入ったとたん寒くなってしまった。明日は雪の予報だし。それはさておき、日本時間で昨日発表になったIntel版 Mac mini。最初は高いなぁ、と感じていたがIntel CPUやFront Row、USBポートの増設とかやってるし無線も入っているからそれ相当かもと考えるようになった。Power PC版より4倍速いといってるくらいだから速いんだろうな。少なくとも自分のサーバマシンであるiMac G4と比べると。最近はサーバマシンを探しているが、Power Mac G5って中古でも値が張るな。簡単にLANポートを増設できるマシンを探しているが、G4はうるさいし設計が古いしサーバマシンとして使うのでしっかりとしたマシンが欲しいけど頑張ってお金を貯めるしかないな。

今回出てきたMac miniに搭載されたFront Row。受信部分って光学式ドライブの横に付いていた。ずいぶんと気付きにくい場所にあるなぁ。ある意味感動してしまった。使っていればすぐに気付くんだろうけど。