投稿日 投稿者 & カテゴリー その他の小動物, 昆虫, .

20180513_1
20180513_2
20180513_3
20180513_4
20180513_5
20180513_6
20180513_7
20180513_8
20180513_9
20180513_10
20180513_11
20180513_12
20180513_13
20180513_14
20180513_15
20180513_16
20180513_17
20180513_18
20180513_19
20180513_20
20180513_21
20180513_22
20180513_23
20180513_24
20180513_25
20180513_26
20180513_27
20180513_28
20180513_29
20180513_30
20180513_31
20180513_32
20180513_33
20180513_34
20180513_35

今回は未見のセセリチョウを目当てに八重山へ。目的はアサヒナキマダラセセリ。出現するのが限定的なのでGWの翌週に行くことにした。数は多くはなかったが、オス、メス共に撮影出来たし、メスは特に愛想がよくたくさん撮影することが出来た。他に未見のバナナセセリや、スジグロカバマダラの異常型も見ることが出来た。あとは迷蝶を、と思ったがさすがに都合良くは見つからず。

今回はチョウ以外も結構成果があり、タイワンルリモントンボ(サキシマルリモントンボ)のオスや、ヒメヤツボシハンミョウを始めとした未見の昆虫を結構見ることが出来た。すべてを紹介するには種類がとても多かったのですでに見た種類の写真の優先度を低めに。

GWに信州、その翌週に八重山と無茶苦茶な計画だったが、なんとか無事に終わることが出来た。

投稿日 投稿者 & カテゴリー 昆虫.

20180506_1
20180506_2
20180506_3
20180506_4
20180506_5
20180506_6
20180506_7
20180506_8
20180506_9
20180506_10
20180506_11
20180506_12
20180506_13
20180506_14
20180506_15
20180506_16
20180506_17
20180506_18
20180506_19
20180506_20
20180506_21

GWの後半はいつもの通り、地元を中心に。今年は早めに登山を行いニシキキンカメムシを。今年はタイミングがばっちりだったようで、そこそこ見かけることが出来た。トンボも一通り出ているみたいだが、アオハダトンボの撮影は失念。

チョウに関しては天気が良いからかあちこちで給水を行っているようで、様々な種類を観察出来た。山頂付近ではミヤマカラスアゲハが何度もツツジに吸蜜しに来ていたが、どれもぼろぼろ。実家付近のポイントでは今年もミカドアゲハを見ることが出来た。去年は1頭だけだったが、今年は2頭。近くに発生ポイントがあるのかもしれない。

投稿日 投稿者 & カテゴリー 昆虫, .

20180503_1
20180503_2
20180503_3
20180503_6
20180503_4
20180503_5
20180503_7
20180503_8
20180503_9
20180503_10
20180503_11
20180503_12
20180503_13
20180503_14
20180503_15
20180503_16
20180503_17
20180503_18
20180503_19
20180503_20
20180503_21
20180503_22
20180503_23

GW前半は信州にマイカーで突撃。狙いはギフ系とクモマツマキチョウ。信州へ向かう途中、中国地方でギフチョウ、名古屋でムシャクロツバメシジミを撮影。

信州に到着して初めに狙ったのはクモマツマキチョウ。難易度は高いと踏んでおり、一目でも見ることが出来れば、と思っていたが、ポイントに着いた途端に複数のオレンジ色のピンポン球が。初めに撮影したものはアルビノらしくやたら色が薄い。通常のものとのツーショットを撮ることが出来た。また、一旦ギフを狙った後に同じ場所へ。その際は交尾を見ることが出来てしまった。正直、クモマツマキチョウは今後これ以上の成果を上げることは出来ないと思われるくらいの成果となってしまった。

ギフ系は特に未見のヒメギフチョウがメイン。こちらはごくごく普通に見ることが出来たし、やはりカタクリの花との組み合わせは非常に良かった。ギフチョウもいたが、イエローバンドは残念ながらいなかったが、これまたカタクリの花との組み合わせも良かった。

とりあえずの狙いのチョウは撮影出来たので別の場所へ、の前に信州で合流した虫仲間の方と灯火採集のお付き合い。満月のはずがずいぶんとたくさんのガを見ることが出来た。

灯火採集を行った場所と別の場所では、久しぶりのコヒオドシとスジボソヤマキチョウ、そして、未見のヤマキチョウを撮影することが出来た。特にヤマキチョウはいると言われる条件を教えてもらった上での山勘で見つけることが出来たのでひとしおであった。

成果が非常に大きかった信州から離れ、再度中国地方で、と思ったが天気が悪かったため一気に帰宅。少々勿体ない気がしたが以外と体力と気力が消耗していたので結果的には良かったのだと思う。

投稿日 投稿者 & カテゴリー その他の小動物, 昆虫, 植物, .

20180422_1
20180422_2
20180422_3
20180422_4
20180422_5
20180422_6
20180422_7
20180422_8
20180422_9
20180422_10
20180422_11
20180422_12
20180422_13
20180422_14
20180422_15
20180422_16
20180422_17
20180422_18
20180422_19
20180422_20
20180422_21
20180422_22
20180422_23
20180422_24

昨日は例年よりも若干早めにオオルリシジミを見に。さすがにいつもよりは少ないが、ちょうど発生してすぐのようで、オスばかりだった。おまけにまるで夏のような気温のおかげで結構元気に飛び回り、追いかけるのも大変だった。あとは初のアイヌハンミョウや、越冬したと思われるツマグロキチョウを撮影出来た。撮影は出来なかったが、ヒメシロチョウやギンイチモンジセセリ、そしてミヤマセセリも見ることが出来た。

今日は地元。朝はトンボ探し。川辺にはカワトンボは出ていたが、アオハダやムカシヤンマは確認出来ず。その代わりにいつもの樫原湿原でサラサヤンマの羽化を見ることが出来た。午後からは前回駄目だったクロツバメシジミのリベンジ。数は多くはなかったがなんとか撮影出来た。ついでにシルビアシジミも見に行ったが、発生のピークの様であっちこっちで飛び回っていた。

投稿日 投稿者 & カテゴリー 昆虫, 植物, .

20180408_1
20180408_2
20180408_3
20180408_4
20180408_5
20180408_6
20180408_7
20180408_8
20180408_9

今日は地元を北から南を縦断。
朝はスギタニルリシジミを。季節の進行が早いのか、それともスギタニルリシジミの特徴かはわからないが、擦れているものが結構目立つ。ただ、気温が低いため、比較的温和しく羽を簡単に広げてくれるので撮影は容易だった。ついでにコツバメも居たため、撮影。こちらは先週はおらず、おそらくは出たて。

ここから一気に北上し、海岸線へ。いつもより行く時期が早いが、シルビアとクロツがターゲット。が、気温が低く、まだ時期ではないのか、シルビアはまともに撮影出来たのは一匹のみ。ただ、こちらも気温が低いのと風が強かったためか、割と羽を広げてくれた。
クロツは完全に時期が早かったようで、おらず。代わりにシルビアよりも撮影が遅くなってしまったヤマトシジミ、すっかりとぼろぼろのミヤマカラスアゲハと面白い顔のゾウムシ、クロフヒゲナガゾウムシを見ることが出来たのは嬉しかった。

帰りにいつもの樫原湿原へ寄ったが、さすがに夕暮れで寒く、さっさと回って帰ってきた。こちらはミツガシワが一部咲き出していたことと、遙か彼方にカワセミがいたことくらい。しかし、確実に季節は進んでいることを実感できる日だった。