投稿日 投稿者 & カテゴリー 昆虫.

20180624_1
20180624_2
20180624_3
20180624_4
20180624_5
20180624_6
20180624_7
20180624_8
20180624_9

今週はまたまた中国地方。初日は少々冒険したが、未見のチョウは残念ながら不発。ヒメシジミやアオバセセリがいてくれて助かった。
翌日は早朝から本州ならではのゼフ観察。初日でまさかの未見になってしまった、ジョウザンミドリシジミを始めとして、アイノミドリシジミ、先週もお世話になったメスアカミドリシジミを見ることが。昼からは出始めのヒメヒカゲ。なんとかメジャーどころは押さえることが出来た。

投稿日 投稿者 & カテゴリー その他の小動物, 昆虫, .

20180617_1
20180617_2
20180617_3
20180617_4
20180617_5
20180617_6
20180617_7
20180617_8
20180617_9
20180617_10
20180617_11
20180617_12
20180617_13
20180617_14
20180617_15
20180617_16

今回は九州でのチョウ探し。土日と共に早朝からのスタートとハードスケジュールだったが、かなりご無沙汰だったカラスシジミや九州では初めてのウラゴマダラシジミや一通りのゼフを拝むことが出来た。中でもとりわけ嬉しかったのはメスアカミドリシジミ。こちらは中国地方でもしっかりとしたものは撮影したことがなく、ましてや色々とゼフに厳しい九州で撮影出来たのは非常に有意義だった。

帰りには先週に引き続きアオバズク。今回はさらに遅い時間に来たため完全におねむ状態。ちらっとこちらを見た後、目をつむりぐっすりモードに。

投稿日 投稿者 & カテゴリー 昆虫, .

20180611_10
20180611_11
20180611_12
20180611_13

先週は引き続き中国地方へ。一日目はちょっと先走りすぎて、あまり撮影が出来なかったが、ヒメシジミは拝むことが出来た。
翌日も引き続きチョウ探し。この日は曇りでコンディションが良いせいか、ヒロオビミドリとたくさん遊ぶことが出来た。場所を移し、先週も寄った場所では今度はクロミドリが遊んでくれた。

帰りに近所で前から話を聞いていたアオバズクを見に。何度も空振りだったが、ようやく姿を拝むことが出来た。これが初めてのフクロウで非常に嬉しかった。

投稿日 投稿者 & カテゴリー 昆虫.

気付いたらゼフの季節。毎年恒例となりつつある中国地方遠征へ。
初日は九州でも見ることは出来るがより早く見ることが出来るものを、ということでオオミドリシジミとナミミドリ。オオミドリシジミは鮮度は若干落ちてはいたが、数も多く、時折近くまで来て止まってくれた。また、九州では相性が悪いウラゴマダラシジミも十二分に堪能することが出来た。タイミング的にはオスはボロだったが、メスはまだまだ状態がよく愛想も良かったため色々と遊ぶことが出来た。初日の最後に寄ったのがナミミドリ。朝からならもう少し羽を開くチャンスがあったのだろうが、スケジュール上はどうしようもなし。ただ、日が落ち始めた辺りであちこちで卍飛行を拝むことが出来た。

翌日の早朝はお約束のヒロオビミドリシジミ。数は少なかったが、オスメス共に開帳姿を拝むことが出来た。昼からは未見のチョウ探しだったが、こちらは残念ながら不発。来年への課題の持ち越しとなった。

今年も相変わらず地元の方や知人、地元で出逢った方達の世話になりっぱなしとなってしまった。
今後も度々お邪魔をすることになると思いますが、その際もよろしくお願いいたします。

投稿日 投稿者 & カテゴリー 昆虫, 植物, .

20180527_1
20180527_2
20180527_3
20180527_4
20180527_5
20180527_6
20180527_7
20180527_8
20180527_9
20180527_10
20180527_11
20180527_12
20180527_13
20180527_14
20180527_15

今回はチョウ探し。が、フライングしたのか、探し方が下手なのか、空振り。ゼフィルスを探していたのだが、結局地元のミズイロオナガシジミと撮り損ねたアカシジミだけ。なので、いつもの樫原湿原でサラサヤンマとアザミに来るチョウを撮影しお茶を濁す。あとは地元でアオゲラを見たのは嬉しかった(証拠写真レベルだけど)。