Posted by & filed under 昆虫.

20160925_1
20160925_2
20160925_3
20160925_4
20160925_5
20160925_6
20160925_7
20160925_8
20160925_9
20160925_10
20160925_11
20160925_12

今回のシルバーウィークは家族と台湾へ。ネットにつながる環境ではあったが、満足なインフラではなかったため、帰国してからの更新。行程は約1週間だが、撮影に専念したのは2,3日。しかし、濃い場所が多く諦めていたチョウの撮影に成功したため満足の行く旅行となった。

今回は前半部分の台中(北港、埔里鎮)で撮影したものの中から印象に残ったもののみ紹介(撮影した種類が多かったため)。

Posted by & filed under 昆虫.

20160911_1
20160911_2
20160911_3
20160911_4
20160911_5
20160911_6
20160911_7
20160911_8
20160911_9

昨日は先週に引き続き、迷蝶、迷トンボ探し。迷蝶は見つからなかったが、なぜか山頂には久しぶりのスナアカネが。タイワンツバメシジミに関してはまだまだ状態が良く、今週いっぱいまでならなんとかなりそうかな。また、帰りの駄賃でノコギリクワガタやカブトムシを見かけて終了。

Posted by & filed under 昆虫.

20160904_1

20160904_2
20160904_3
20160904_4
20160904_5
20160904_6
20160904_7
20160904_8
20160904_9
20160904_10
20160904_11
20160904_12
20160904_13
20160904_14
20160904_15
20160904_16
20160904_17
20160904_18
20160904_19
20160904_20
20160904_21

ここのところ、ずっと実家通い。が、暑すぎてなかなか虫がおらず。それが、9月に入ったとたんに急に涼しくなり、虫も増えてきた。
ようやくリュウキュウムラサキも見ることができた。しかも交尾。こいつを見ないと迷蝶シーズンに入った気がしない。
タイワンツバメシジミも相変わらず元気ではあったが、例年と比べるとやはり数は少なめ。時期的にはベストのはずなのだが・・・。去年はたくさんいた反動なのか、それとも今後増えていくのか、今後も継続して観察していく予定。シバハギ自体は年々数が増えている用なので食草は安泰か。

今回一番ヒットしたのは水牛なノコギリクワガタ。一応昆虫全般を追いかけてはいるのだが、撮影が簡単なチョウやトンボを追いかけがちに。そんな中、探せばたくさんいるのだろうが、やはりクワガタを見つけたときのテンションは高い。

Posted by & filed under その他の小動物, 昆虫.

20160815_1
20160815_2
20160815_3
20160815_4
20160815_5
20160815_6
20160815_7
20160815_8
20160815_9

盆休みの前半はゴマ探し。が、暑すぎるのかあんまりおらず、撮影できたのは一回のみ。2,3は見かけたがいずれも止まらないため撮影が出来なかった。

後半は実家にてチョウ探し。もっとも今年は暑いせいかタイワンツバメシジミはまだ出ず。気温次第では今週も厳しいかも。迷蝶では残念ながらいつものクロマダラソテツシジミのみ。リュウキュウムラサキはいなかった。かわりにウサギがいた。

Posted by & filed under 昆虫.

20160809_1
20160809_2
20160809_3
20160809_4
20160809_5
20160809_6
20160809_8
20160809_9
20160809_10
20160809_11
20160809_12
20160809_13
20160809_14
20160809_15
20160809_16
20160809_17
20160809_18
20160810_1
20160810_2
20160810_3
20160810_4
20160810_5
20160810_6
20160810_7
20160810_8

先週は有給を取って信州へ。実に6年ぶり。アサマシジミを始め、久しぶりの昆虫たちと出会えてとても楽しかった。基本はチョウを中心に撮影したが、合間に別の虫を探してみるとこれまた久しぶりのムツアカネ、オツネントンボを始め、ようやくミンミンゼミを撮影することができた。また、たくさんのカミキリムシを見てきたが種類が分からず。いくつか課題が残っているのでまたチャレンジをしたいものだ。